女性

うつ病治療は休養が重要|症状を周りに理解してもらうことが大切

落ち込みから抜け出す方法

医者と看護師

気分が落ち込む病気とは

楽しみにしていた予定が急にオジャンになってしまったり、仕事で大失敗をしてしまうようなことがあったりすれば、誰だって気持ちが落ち込んでしまいます。単に気分が沈んでしまうだけでなく、食欲がなくなってしまったり眠れなくなってしまったりすることもありますが、健康な人であれば、時間の経過と共に少しずつ晴れやかな気分に戻っていくことができます。しかし、うつ病にかかっている人の場合は、いつまで経っても気持ちの落ち込みから抜け出すことができません。2週間以上経っても精神的な落ち込みが回復しない場合は、うつ病の可能性を疑ってみた方がよいかもしれません。うつ病を発症する原因は、いまだはっきりとは解明されていません。何らかの原因によって脳の機能が低下し、日常生活に支障が出てしまうほどの気分障害が起こってしまうのがうつ病です。精神的に弱い人だけがかかる怠け病のようなものだという偏見を持っている人がいますが、それは全くの誤解です。うつ病は脳の機能不全によって発症する心の病ですので、病院に通って適切な治療を受ければ、キチンと治すことができます。

どのような症状なのか

うつ病と聞くと、暗い表情で家に閉じこもりがちになっている人を連想する人が多いですが、精神面だけでなく身体面にも様々な症状が現れます。たとえば、何をやってもすぐに疲れてしまう、強い頭痛や腹痛が起こる、きちんと食事を摂っているのにも関わらず体重が減少してしまう、食欲減退もしくは過度の食欲増進が起こるなどといった症状がしばしば現れます。最近増えてきているのが、精神的な症状はほとんど現れず、身体症状ばかりが目につくケースです。内科などを受診して検査を受けても全く異常が見つからず、困ってしまう人がたくさんいます。そのような人は、いわゆる仮面うつ病にかかっている可能性が高いので、心療内科や神経科を受診して治療を受けるようにするのが望ましいです。うつ病治療の方法は、薬物療法が中心になります。表面に現れている症状1つ1つを個別に治療するのではなく、まず抗うつ薬や抗不安剤を患者に投与して、脳の状態を正常化させることが試みられます。薬物療法の効果が出るまでには時間がかかりますので、焦らずに気長に治療に取り組むことが大切です。